ベビー服の種類の一つ

コンビ肌着とはベビー服の一種です。このコンビ肌着は短肌着に比べて長くできており、長肌着とは異なり、脚の部分が二股にわかれていて、裾の内側をスナップでとめるつくりになっています。このスナップをとめることにより、ズボンのようになるベビー服なのです。裾がめくれあがることや、はだけることを防止できるので、足をよく動かすようになりだしたあたりから使いはじめるのが適しているといえるでしょう。

コンビ肌着具体的な時期としては生後3ヶ月あたりにコンビ肌着を使用するようになることが多いです。この時期より前の生後すぐの赤ちゃんは手足の動きが活発ではなく、おむつ交換も頻繁に行なうことになるので、股下をとめずに着せられる短肌着や長肌着が使われるのが普通です。

このコンビ肌着はどういう着せ方ができるのかといいますと、中に短肌着を着せる方法があります。これにより、保温効果を高めることが可能です。また、コンビ肌着1枚で過ごすような使い方もできます。天候やシーズンなどに合わせて、いろいろな使い方ができるのがコンビ肌着のいいところです。

いつ頃から使いはじめるのかということについては触れましたが、いつまで使い続けることになるのか?というデビューと卒業のタイミングや、どういう点に注目してコンビ肌着を選べば良いのか知りたい方もいるのではないでしょうか。別のページに情報をまとめていますので、コンビ肌着を取り入れるかどうか決めるための判断材料としてお役立ていただければ幸いです。

Pocket

Published by 管理者