コンビ肌着選びの要点

赤ちゃん赤ちゃんに着せるコンビ肌着の選び方として重視したいのは、赤ちゃんが快適に過ごせるということです。コンビ肌着に限らず、肌着はこどもの皮膚とダイレクトに接触するものです。そのため、皮膚にとって優しい素材・生地が採用されているのが重要です。

また、大人は気になりにくい、縫い目の接触も、赤ちゃんのデリケートな皮膚には刺激を与えることになってしまいますので、縫い目が外側にきているもので、肌に直接あたることがないつくりになっているものを選びましょう。特定のウイルスの数を減少させる特殊加工がほどこされているようなものもあり、抵抗力がとぼしくウイルス感染のリスクが高い赤ちゃんにはおすすめです。

また、赤ちゃんは着替えを自分で行なえませんので、母親や父親など保護者がやってあげなければいけません。汗や汚れで1日の中でも何度も着替えをすることになりますので、着脱が楽に行なえる商品をチョイスすると良いでしょう。ヒモで結ぶつくりになっているものやボタンでとめるつくりになっているものなど、いろいろな種類のベビー服が販売されていますので、自分にとって使用しやすいものを用意すれば、子育ての負担を軽減することにつながるでしょう。

 

デビューと卒業の時期

コンビ肌着コンビ肌着のデビュー時期は、生まれて3ヶ月頃が良いでしょう。この頃になると赤ちゃんの動きは激しくなります。コンビ肌着であればよく動く赤ちゃんでも、裾がめくれあがることやはだけてしまうことを回避できます。

サイズ展開も50~70cmで製造されている商品が大部分を占めています。スナップをとめるのが煩わしいということで長肌着をチョイスする方も少なくありませんが、裾がめくれあがったりはだけたりしない点に魅力を感じるのであれば、コンビ肌着を使ったほうが良いでしょう。もちろん、両方をそろえておいて使いわけるのもおすすめです。

使いはじめたのはいいとして、いったいコンビ肌着はいつ頃まで着せるものなの?と気になっている方もいるでしょう。この点についてですが、赤ちゃんが大きくなってくると、コンビ肌着として作られているもののサイズが合わなくなってきて、きつくなってきます。このようになった場合には、コンビ肌着を卒業する時期であると判断して良いでしょう。卒業に合わせて新しいベビー服を用意しておけば安心です。なお、こどもの成長スピードというのは一人ひとり異なりますが、歩きだす1歳あたりまでコンビ肌着を着用させていたという方が多いです。

つづいてコンビ肌着選びの要点についてお話していこうと思います。

ベビー服の種類の一つ

コンビ肌着とはベビー服の一種です。このコンビ肌着は短肌着に比べて長くできており、長肌着とは異なり、脚の部分が二股にわかれていて、裾の内側をスナップでとめるつくりになっています。このスナップをとめることにより、ズボンのようになるベビー服なのです。裾がめくれあがることや、はだけることを防止できるので、足をよく動かすようになりだしたあたりから使いはじめるのが適しているといえるでしょう。

コンビ肌着具体的な時期としては生後3ヶ月あたりにコンビ肌着を使用するようになることが多いです。この時期より前の生後すぐの赤ちゃんは手足の動きが活発ではなく、おむつ交換も頻繁に行なうことになるので、股下をとめずに着せられる短肌着や長肌着が使われるのが普通です。

このコンビ肌着はどういう着せ方ができるのかといいますと、中に短肌着を着せる方法があります。これにより、保温効果を高めることが可能です。また、コンビ肌着1枚で過ごすような使い方もできます。天候やシーズンなどに合わせて、いろいろな使い方ができるのがコンビ肌着のいいところです。

いつ頃から使いはじめるのかということについては触れましたが、いつまで使い続けることになるのか?というデビューと卒業のタイミングや、どういう点に注目してコンビ肌着を選べば良いのか知りたい方もいるのではないでしょうか。別のページに情報をまとめていますので、コンビ肌着を取り入れるかどうか決めるための判断材料としてお役立ていただければ幸いです。